1. HOME
  2. ビールスタンド重富
  3. 生ビールのうまさを引き出す秘訣
  4. ガス圧の調整!

ガス圧の調整!

 

うまい!ビールには樽の温度に合わせて適正な圧力をかけることが大切です。

 

なぜガス圧の調整が必要か

 

ビール類の中には、ほどよく炭酸ガスが溶け込んでいます。

ところが、ビール類の温度が高いとビール類中の炭酸ガスは逃げ出そうとし、

温度が低いと、ビール類中に溶け込もうとします。

 

この炭酸ガスが逃げ出したり、溶け込んだりするのを防ぐためには

ビール類の温度に合わせた適正圧力をかける必要があります。

 

圧力が適性の場合

液中の炭酸ガスが逃げもせず、余分な炭酸ガスが溶け込みもせず、爽快な味が保たれます。

 

gas_img_good.png

 

圧力不足の場合(高温)

液中の炭酸ガスが逃げてしまい、時間の経過とともに気抜けした樽詰生になってしまいます。

 

gas_img_lack.png

 

圧力過剰の場合(低温)

余分な炭酸ガスが液中に溶け込み、時間の経過とともにピリピリした味になってしまいます。

 

gas_img_excess.png

 

 

適正圧力の目安

 

瞬間冷却式、氷冷式の場合

樽の温度が20~30℃程度で使用されるので、温度の10分の1が適正圧力となります。

 

例)樽温度20℃

適正圧力2.0kg/cm2

 

樽冷蔵式の場合

常に5℃前後で冷やされているので、年間通して1.0kg/cm2にします。

 

 

gas_img_pressure.png

 

ディスペンサーのタイプ 想定樽温度 適正圧力の目安
瞬間冷却式・氷冷式 夏:25℃ 2.5
冬:20℃ 2
樽冷蔵式 年間:3~5℃で一定 1

 

 

お問い合せはこちら

  • お電話でのお問い合わせは082-244-4147まで。受付:10:00~18:00(日・祭日を除く) 担当:重富 寛
  • メールでのお問い合わせ