1. HOME
  2. ビールスタンド重富
  3. 生ビールのうまさを引き出す秘訣
  4. ジョッキの洗浄!

ジョッキの洗浄!

 

きめ細かい泡を消さないためには、グラスをきれいに洗うことが大切です。

正しい洗浄により、ビールを注いだ時の泡持ちもよくなります。

 

グラスの洗浄方法

 

stein_img_step01.jpg

他の食器類とは別に洗浄する。

 

 

stein_img_step02.jpg

油や口紅や指紋などが残らないよう注意しましょう。

 

stein_img_step03.jpg

洗剤はしっかり落とし綺麗にすすぎましょう。

 

 

stein_img_step04.jpg

拭かずにふせて自然に乾かします。

 

 

洗浄のポイント

 

  • 泡の大敵は油です。
    グラスに油分がついていると、キメの粗い大きな泡(カニ泡といいます)となり、すぐに消えてしまいます。
     
  • ふきんでグラスを拭かないのには理由があります。
    熱湯で洗ったふきんでも、繊維に付着した油脂類はなかなか落ちません。
    そのうえ水分を拭き取る際に糸くずやほこりがついたり、指先の指紋がグラスの内側につくことがあるからです。
     
  • 濡れたままのグラスを冷凍庫で冷やすと、グラス内の水が凍りビールを注いだ時に、氷が浮いてクリーミーな泡ができにくくなります。

 

 

ビールを注いだ時の比較

 

ビールを注いだ時、泡立ちに差が出ます。

また、ビールを飲み終わった時の泡の残り方にも違いが出ます。

※ビールスタンド重富の 弐度注ぎ・重富注ぎでは「泡のライン」が残りやすいですが

 壱度注ぎ・参度注ぎでは、基本「泡のライン」はできにくいです。

 

stein_img_comparison.jpg

 

 

お問い合せはこちら

  • お電話でのお問い合わせは082-244-4147まで。受付:10:00~18:00(日・祭日を除く) 担当:重富 寛
  • メールでのお問い合わせ