1. HOME
  2. 旨い生ビールで「広島」の経済を復活させると信じて行動する酒屋の社長の徒然日記
  3. 2014年8月

2014年8月(31)


ボランティア活動 と 奉仕活動 と 慈善活動・・・ 日本型ボランティアとは・・・!?

 

 今回の広島土砂災害で犠牲になられた方の中に

 たぶん、ビールスタンド重富のお客様がいらっしゃいます

 お顔をどことなく覚えています…

 ご冥福をお祈りしたいと思います。

 

 

 

 重富が出来る事は・・・仕事終わりの一杯の生ビール という

 

     『日常』 を もっともっと 考える事です 

 

 

 

 

 今日の日曜日も 多くのボランティアさんが 

 土砂撤去作業等に出かけておられると思います

 

 また、24時間テレビも放送されている 8月最後の日曜日です

 

 

 ボランティア について (個人的に)

 

 

 阪神淡路大震災を ボランティア元年と呼ばれるようになりました

 

 重富がボランティア活動を始めたきかっけは・・・

 

 第1回の 24時間テレビ  ・・・ それから 4年後

 

 大学生になり 「佐世保学生ボランティア協会」の 扉をたたきました

 

 

 そこで 先輩に渡されたのが この 「本」

 

 

 

 ボランティア活動入門.jpg

 

       ボランティア活動入門

 

 

 

 

 

 冒頭に書いてあったのが   「井戸」のお話し

 

 

 目の前で、子どもが井戸に落ちそうになっっている・・・・

 あなたはどうしますか?

 おもわず駆け寄って、手を差し伸べる

 その自然な気持ち・行為が「ボランティア」です  

 

 

 また  ボランティアに似た言葉として  奉仕・慈善があります

 

 奉仕とは  仕え奉る  ※下の者が、上の者に対して行う

 慈善とは  ほどこす  ※ある者が、ない者に対して行う 

 

 奉仕や慈善のように 上の者が下の者にではなく ある者がない者にでもなく

 

 心の位置をすてて、すなおな気持ちで行動すること・・・それがボランティアです

 

  ※こんな感じの内容だったと思います

 

 

 

 この本を片手に 先輩と   朝まで・・・議論する毎日でした

 

 

 重富の考えは 「あわれみ」だ 「自己満足」 だ 「思い上がりだ」

 

 そんな 罵声? を  幾度と聞きながら 活動をしてきました

 

 

 

 日本社会には  奉仕・慈善 は  古くから存在する 活動・言葉ですが

 

 ボランティアは・・・戦後 それも この 20年で 市民権を得たように感じます

 

 

 ボランティア発展途上 なのかもしれません (日本的なボランティアに育つための)

 

 

 

 30代の頃 ある経済団体に所属していたとき (広島JCですが・・・^^;)

 

 この団体の活動は  ボランティア活動ではなく「慈善活動」だと思います…

 

 と言ってしまい・・・議論になったこともありました  (苦笑)

 

 

 

 ボランティアの三原則 と言われる 言葉があります

 

 

    自主性 社会性 無償性  です

 

 

 言葉としては 理解できますが・・・

 

 これを ボランティア活動 としての 三原則として考えると・・・

 

 かなり 難しいことになります

 

 

 この三原則のバランスが くずれた活動の場合  

 

 様々な問題・課題が浮上してくるように思います

 

 

 

 数十年前 社協さん主催の 「ボランティア活動入門」という講座の

 

 講師をさせていただいたこともありますが・・・

 

 ボランティアを始める 「思い・きっかけ」が とても 素直な青年達でした

 

 

 

 重富の世代(たぶん)のボランティア感と、阪神淡路大震災以降のボランティア感

 

 

 多少違ってきている感はありますし、それで良いのだとも思います

 

 

 日本型ボランティアを構築するための 生みの苦しみ なのだとも感じます

 

 

 

 

 

 

  

 ブログ用バナー-01.jpg

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

わが社の「ホップ君」が・・・実りません・・・  愛情が足らないのか?気温が高いのか?

 

 

 今年の初夏に植えた

 

 ビールスタンド重富の 「ホップ君」  雌株なので ホップちゃん ですかね…

 

 

 すくすくと伸びで もうすぐ屋上に 到達しそうです・・・・

 

 

 10629850_705969722829058_5027920984827259270_n.jpg 10624978_705969702829060_4570454053583745138_n.jpg

 

 

 時期的には・・・

 

 

 もう (7月下旬には)  ホップが 実らなければいけないのですが・・・

 

 実りません (涙)

 

 

 先日 東広島の 酒類総合研究所に 伺った時には…

 

 うちのホップは、7月位から実ってますよ・・・ と  乾燥させたホップを見せていただきました

 

 

 重富さん・・・・購入されるときは 「ホップ」だけではなく 銘柄指定のほうが良いですよ

 

 

 と・・・ アドバイスを頂きました   感謝

 

 

 しかし・・・   品種に由来で 実がならないのか?  気温で実がならないのか?

 

 

 多くの方が・・・ 京都くらいが 南限でしょう・・・ と 言われています

 

 

 

 来年は・・・ ソラチエース ふくゆたか など・・・  日本の品種を 数種類 手に入れて・・

 

 植えてみようかと思いますが・・・

 

 

 日本品種の多くは  ビールメーカーさんの品種改良なので・・ 手に入るのか?

 

 

 たぶん・・・ 契約農家さんしか 手に入らないのでは・・・   

 

 

 っま、今から あの手 この手で 情報収集してみます!

 

 

 

 

 根に近い部分は  小さな 木の幹程度に 太く・硬くなっています

 

 

 10428661_705969652829065_8173947786549469031_n (2).jpg

 

 

 そろそろ 秋風が吹くようになってきました 広島地方・・・

 

 

 流川ホップは 実をつけるのか!?

 

 

 

 1907826_705969686162395_2737547423763216713_n.jpg

 

 

 

 もう 一か月くらい 頑張ってみます!

 

 

 

 

 

 

  生ビールで広島を元気にする!

 ブログ用バナー-01.jpg

 

 

 

 

ページの先頭へ

「酒」のちからを信じ、その「ちから」で広島を元気にする! 11月11日は「立ち呑みの日」 イベント開催します

 

 酒の話題を書くのは、この時期に自粛するべきでは…と考えていました。

 しかし、重富のミッションは「ビールで広島を元気にする」です

 

 物理的な「土砂」を取り除くことにはなりませんが

 ボランティアさんや、被災者を支える皆さんの

 

 「心のケアー」のほんの一部が出来るのが「酒」だと信じています。 

 

 病的なケアーは専門医師が必要ですが・・・

 日常的に存在する、ストレス・不満・悩みを…ほんの少しですが「和らげる」

 その「力」があると信じています。 
            (この書き方、薬事法的にまずいですかね?)

 

 

 11月11日は 「立ち呑みの日」 です  

              (ポッキーの日が有名ですが・・・)

 

 

 広島市内には、約40店舖の 立ち呑み屋さんがあります

 

 その立ち呑み屋さんの有志が声かけをして…今回 市内18店舖の立ち呑み屋さんが

 

 賛同し・・ イベントを開催することになりました

 

 

 

 その 立ち上げを・・・台風直撃の 深夜25時に開催しました

 

 その様子を RCCテレビ 「Eタウン」さんが 取材してくださいました

 

 10565086_700444440048253_3029521790108013451_n.jpg

 

 

   放映日 8月30日(土) 17時~  RCC テレビ

 

          →  http://www.rcc-tv.jp/e-town/

 

 

 今こそ・・・ 「酒」のちから 「飲食」のちから を 発揮する時だと感じます

 

 

 しかし、重富が体感的に感じる事は・・

 

 

   ただ 酒や料理を 提供するだけでは その 「力」は 十分に発揮されません

 

 食材や酒 そのものを 知り・勉強し  しっかりとした準備(だんどり)

 

 いきとどいた手入れ(洗浄・管理・メンテナンス」が できてこそ

 

 その「力」を  十二分に発揮し  呑む人 食べた人を 「元気!」にしていくのです

 

 

 

 今回の 立ち呑みイベントに ビールスタンド重富も 参加させていただきました。

 

 

 それは・・・  「酒」が 人々を元気にする 「ちから」であること

 

 その「ちから」の発動には・・・   勉強・準備・気持ち が 大切であること

 

 

 そんなことを、お伝えしたいからです

 

 

 

 title04.jpg

 

 

 webサイト より

 

 サラリーマンのオアシスと言われ、「安い」が売りだった“立ち呑み”

 その“立ち呑み”が大きく様変わりしています
 今週の『Eタウン』は
 ひとはなぜ立ちたがるのか…急増する立ち呑み屋事情を特集します!
 
 3年前、東京に誕生した立ち飲みスタイルの「俺のイタリアン」。
 高級食材を低価格で提供したことで大ブレイクしました。
 その波が、今、広島にも押し寄せています。
 広島市内に40軒以上とも言われる立ち呑み屋
 ・・・ひとはなぜ立ちたがるのか・・・
 経済学的、そして、心理学的にその謎を解明します。

 

 

 

 ブログ用バナー-01.jpg

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

お酒屋さんの監督官庁さんは 「国税庁」さん

 

 以前も ココに書きましたが・・・

 

 お酒を売ったり、製造するには「免許」が必要です

 

 その「免許」を管轄しているのが 国税庁さんなんです

 

 

 お酒を飲む=国民の健康 の イメージで考えると

 

 厚生労働省・・・なのですが

 

 

 お酒には  『酒税』 という 国を支える税金がかかっています

 

 その「酒税」の観点から 監督官庁さんは 国税庁さんなんですね

 

 

 

 重富が 直接お話しをする 監督官庁さんは

 

 広島市にある、各税務署さんの   酒類担当者の方々です

 

 

 今回は、ちょっと用事があり  西条税務署に 出かけてきました

 

 

 

 10454569_704133693012661_6876051291886328974_n.jpg

 

 

 お忙しいなか ご対応くださいました

 

 上席国税調査官 酒類指導官 ○○様

 

 ありがとうございます m(__)m

 

 

 いつもの悪い癖なのですが・・・

 

 

 重富の信念である・・

 

 「町の酒屋さんを守ることが、地域の安心安全を担保する事」を・・・

 

 くどくどと・・・ おお話ししてしまいました  (スミマセン)

 

 

 

 お酒を担当する方は 「酒類指導官」さんで

 

 広島県内には、広島東税務署と西条税務署に 常勤されています

 

 

 東税務署さんには、よく行くのですが・・・西条さんには初めて訪問しました

 

 

 きれいで、明るい、新しい庁舎ですね・・・

 

 職員の方のご対応もですが・・・

 

 お掃除をされていた方の、ご挨拶が とても 良かったです。

 

 

 

 指導官のみなさん、いつもありがとうございます m(__)m

 

 

 

 

ページの先頭へ

1杯の生ビールの力・・・

 

 今日から週末まで…

 

 銀山町一貴さんで、生ビールをお注ぎしてます (19時~23時)

 

   銀山町11-9 ※ビールスタンド重富から徒歩30秒

       http://r.gnavi.co.jp/y712200/

 

 今回の広島土砂災害のボランティアに行かれた方! (作業内容はなんでもよいです)

 

 「ボランティアに行ってきたよ~」と お声掛けください (8月30日まで)

 

 後日使用可能な「ビールスタンド重富」の1杯無料券を差し上げます

 

         ※ボランティア当日でなくても大丈夫ですよ、

      昨日や一昨日、それ以前に行かれた方でもOKです!

 

 

 ●ビールスタンド重富でも、同様に「行ってきたよ~」とお声掛けください

   生ビール1杯「サービス」させていただきます (9月末まで)

 

 

 今日の 「OFFスイッチ」 そして 「明日への活力」 

 

 その 力 が ビールにはあると信じています

 

 

 

 重富が 1杯1杯 心をこめてビールを注ぐことが・・・

 

 今回の土砂災害の復旧に、なんらかの「力」になると信じています

 

 

 ビールスタンド重富では 注げない・・ スペシャル も ご用意しています

 

   ※5分程度お時間がかかります・・・ ※炭酸は弱めで、味わい深い感じになります

 

   ご注文の際は 「重富スペシャル」と お声掛けください

 

   10300973_658146850944679_4910729530688117201_n.jpg

 

 

   夏の終わりのハーモニー.jpgのサムネイル画像

 

ページの先頭へ

グラス洗浄の・・・水きれ(はじき)

 

 ジョッキ洗いに3年  (by 銀座ライオンさん)

 

 ビールスタンド重富開業して、2年目の夏が終わろうとしています

 

 あと1年で、どこまで成長できるのでしょうか?

 

 感覚的には・・・3年目にして 初めてスタートラインが見えてくる?

 

 

 そんな感覚でもあります・・・・

 

 あるいみ、3年とは・・・助走期間のような気さえしてきます

 

 

 

 グラス洗いで すすぎ終わったグラス・・・

 

 

 よくよく見て見ると 水切れ の感じが いくつかあります

 

 

 10584031_701906476568716_3498313874700085206_n.jpg

 

 

 水でおおわれた グラスの表面が・・・

 

 ①グラスを 置いたトレイの 衝撃? の部分から す~と

 

 切れて その 切り口(水面)が 上部にあがっていくタイプ 

 

 

 ②水面が・・・しばらくして  す~と 切れて行く感じ

 

 

 ③あっというまに、あちらこちらから 水面が きれていくタイプ

 

 

 

 これは、グラスの外側なので・・ 本当は 内側がどうなっているかが 

 

 一番知りたいのですが・・・

 

 

 外側と 同様な 感じになっているのだろうと 推測しています

 

 

 

 気持ち的に 良い感じなのは ①>②>③ でしょうか・・・

 

 

 あまりにも ③が 強い(きつい)タイプは 洗い直したりもします

 

 

 

 ジョッキ洗いに3年・・・   延々とこのワクワクは続きそうです (笑)

 

 

 

 夏の終わりのハーモニー.jpgのサムネイル画像

 

  

 

ページの先頭へ

生ビール1杯の・・・【力】を信じる・・・

 

 阪神淡路大震災の時は、広島青年会議所の一員として炊き出しに,

 東日本大震災の時は、鯉のぼりを掲げに仙台に向かいました。

 

 そして、今回…

 

 自分の年齢と会社スタッフ等を考えるとき…

 自分になにができるのだろう? と 日々 自問自答

 何も出来ていない自分に、悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

 

 

 広島に住んでいて・・・「なにもしないの?」 

 

 

 そんな事を言われはしないかと、そんな風に思われていないかと…

 

 東日本大震災の時に、FMチューぴーでお話しした内容を転記しておきます

 もし、悩まれておられるかたがいらっしゃいましたら…

 長文ですが、是非お読みください  (下記に書いておきます)

 

 

 

 昨日の日曜日、いつも通りビールスタンド重富でビールを注いでいますと…

 手に長靴を持った方がお越しになられました。

 

 「災害ボランティアに行かれたのですか?」 と 伺ったところ…

 

 『はい! そうです』 と お答えになりました

 

 「ありがとうございます」と、ひとこえかけてビールをお注ぎいたしました。

 

    美味しそうに1杯の生ビールを飲み干されました…

 ビールを注ぐことで、被災者の方に直接の支援はできませんが

 

 ボランティアさんに「お疲れさまでした・ありがとうございます」の 1杯 を

 心を込めてお注ぎする事はできます。

 

 生ビール1杯の「ちから」を信じて これからもビールを注ぎ続けます。  

 

 

 

 

 今日から、ビールスタンド重富では

 

 災害ボランティアに参加された方には…お疲れさまでした! と

 

 

 「1杯サービス」させていただこうと思います

 

 

 災害ボランティアに行ってきました(自己申告で大丈夫です)とお声掛けください

 

  ※ボランティアの内容はなんでもかまいません。

  ※ボランティア当日だけでなく、昨日や一昨日(過去)に活動された方でも構いません。

 

 一応、9月末までとさせていただきます ※状況をみてまた判断します

 

 

 また、本日から5日間「一貴」さんで生ビールを注がせていただきます。

 こちらで重富に直接「お声掛け」くだされば  

 ★ビールスタンド重富のビール1杯無料券

 をお渡しさせていただきます。

 

    ※25・27~30日 (5日間) 19~23時

     銀山町一貴 広島市中区銀山町11-9 082-545-5455

 

 

 夏の終わりのハーモニー.jpg

 

 

 

 

 

 

 東日本大震災の時 FMちゅーピー で お話しした事・・・  

                       ※2011年3月です

 

 

  この度の大地震でお亡くなりになられた方々に、心より哀悼の意を表します。

 また、被災された方、そのご家族・関係者のみなさまには心よりお見舞い申し上げます。
 また、全国で頑張っておられるボランティアさんにもエールを送りたいと思います。

 16年前の阪神淡路大震災のときに、広島からボランティアで炊き出しに行きました。
 その後、小学校や中学校のPTA会長として関わってきた経験の中から、
 今回の大震災について重富なりに「感じること」を2つお話したいと思います。
 
 1つは、今回の大震災の復興への道のりは、言いかえると「駅伝」と似ているということです。

 駅伝に例えてお話したいと思います。

 そして2つめは「地域力」を見直しましょう。ということです。
 日常的に笑顔で繋がっている地域での人間関係。

      おはよう!  こんにちは!

 と声をかけあうことができる関係が、災害でのライフラインだということです。
 セーフティネットに直結しているという点です。

 今日は「駅伝」についてお話して、来月は「地域力」についてお話したいと思います。

 16年前の阪神淡路大震災の時は、一週間もしなかった時期に、
 広島から物資を集めて炊き出しに、神戸の長田区に出向きました。
 神戸と、わりと近い場所でもありましたし、知り合いも何人もいる地域で、
 他人事と思えなかったこともあります。
 また若かったこともあります。当時自分の会社ではまた平社員でしたから、
 あまりスタッフのことなど考えずに行動に移せたことも事実ですね。

 あれから、16年経って、守るべきものも多くなり、
 なかなか思って即行動に移せていない自分がいます。
 今回の大震災に関しては、募金をする程度で、これといった動きはまだ始めていません。

 でも、交通手段が確保できて、民間ボランティアの受け入れ体制が整えば、
 全国に居る飲食店仲間と協力して、美味しい料理と広島の元気を届けたいと思っています。

 そこで、重富なりに今回の大震災への復興について考えてみました。 

 復興には、5年も10年もかかると言われています。
 この長い期間を、みんなで走り続けなければいけません。

 

 真っ先に動き出す人たちが今、さまざまな活動をされています。
 募金だったり、救援物資を集めたり、仕分けしたり、運んだり、情報を収集したり、
 現地に出向いて活動している人も沢山います。

 これを例えると「駅伝」に似ているのではないかと思います。

 今、スタートダッシュの得意な人たちが第一走者として走り始めました。


 駅伝で大切な事は、スタートからゴールまで「たすき」をつなぐ!ということです。

 スタートダッシュの得意な人、長距離を走れる人もいるでしょう、
 それとは違って短い距離が得意な人もいます。坂道が得意なランナーもいるでしょう。

 第二走者の人は、そろそろウォーミングアップを始めている頃だと思いますが、
 ゴール近くを担当する人は今からウォーミングアップをしていては、
 たすきが手元に来るまでに疲れてしまいすよね。
 それぞれのランナーの、走る場所、走る時期が違っているということです。

 でも駅伝には、そのランナーと同じくらい大切な人たちがいます。 
 だれだか分かりますか?

      そうです応援団です。

 駅伝でも、路上で多くの人たちが旗を振って応援・声援していますよね
 その声援があるから、ランナーたちは最後まで頑張って走れるのだと思います。
 ちょっとここで考えてみてください。 ランナー達が、声援している人たちに向かって

     「なんで君たちは走らないの?」とは言いませんよね?

 今、もしかするとそういう現象が起こっているように感じます。
 大震災に関して、行動に移している人たちが、
 まだ具体的な行動をおこしていない人たちに「なんで行動しないの」 とか・・・

 その逆で、「どう行動してよいかわからない人たちが」 すでに行動している人たちを見て、
 自分は役に立たない、ダメな人間なのでは・・・
 などど感じている人も少なくないと思っています。

         でも、大丈夫です。

 「いつかあなたの出番が必ずやってきます」
 今回の復興は、駅伝です。今まさに走っている人には「声援」を送りましょう。

 そして、自分が走れる場所と、時期を探しましょう。
 その時が来たら走りましょう。それは、明日かもしれません、

 1年後や2年後かもしれません・・・もしかすると最終ランナーかもしれません。
 今、なにをしてよいかわからないからといって

 「自分を否定したり、ダメだなんて思わないでください」

 いつか、きっと、あなたにしか出来ない事がやってきます。
 その時を待ちましょう。そして、今は、走っている人たちを応援しましょう。 

 また今、走っている人たちは声援を送っている人たちに対して、またなにもできていない人に対しても

 

 「今は、俺達が走る、このたすきをつなぐ準備を進めてくれ!いつの日か頼むぞ!」 

 という気持ちでまだ動けていない人たちに声援を送ってあげてください。
 そして、その皆さんの行動や、思いを・・・子ども達に、みせていってほしいと思います。

 5年後10年後に、今のたすきを持って走る始めるのは子ども達です。

 大人達が、日本の復興、再生のために、
 それぞれの場所・立場で走り、声援を送るその背中を、子ども達に見せていきましょう。

 非難や中傷をする姿を子ども達にみせることは、
 将来に希望をもてない子ども達をつくってしまうと思います。

 子ども達が、いつか走り始める時を信じて!

     「日本は大丈夫! 俺たち大人たちについてこい!」

 そう伝えたいと思っています。

 

 

 

 ※2011年当時の原文のまま掲載しました

 

 

ページの先頭へ

夏の終わりのハーモニー (一貴さんで、ビールを注がせていただきます)

 

 8月も残り あと一週間

 雨模様の広島で、夏はどこにいった?

 そんな感じの 広島 です。

 8月中は、雨が降らない事を 願います。

 

 

 

 さて、今年の夏はいろいろな事がありました

 

 そんな夏を 想い 考え そして 明日に向かって歩き出す

 

 そんな意味や想いを込めて・・・

 

 

 銀山町 一貴さんで   19時~23時

 

 重富がビールを注がせていただきます

 

 お時間がある方は、是非お越しください

 

 

 

 夏の終わりのハーモニー.jpg

 

 

  日時 8月25(月)  ※26日はお休みです

     8月27(水)~30(土)   計5日間

     全て 19時~23時

 

 

  銀山町 一貴   広島市中区銀山町11-9 TEL 082-545-5455

 

      →  http://r.gnavi.co.jp/y712200/

 

 

   一緒に ゆく夏を 送りましょう・・・

 

 

 

 

  

ページの先頭へ

「ボランティア保険」という保険があるのをご存じですか? 

 

 土砂災害の復旧作業に、多くの方が関わっておられます。

 

 多くの心ある方々が「ボランティアで参加したい!」と願っておられるようです

 

 有難いことですね。 

 

 重富は…今の自分に出来ることを考え続けて行こうと思います。  

 

 それは、日常を関係のある人達と精一杯「生きる」ということのような気がしています。

 

 

 

 

 さて 「ボランティア保険」という 保険があるのを ご存知ですか?

 

 誰でも、どんな活動にでも「支払われる」わけではありませんのでご注意くださいね!

 

 

 重富が30年前にボランティア活動を始めた頃には

 

 ボランティアとはなにか?   無償・自発性・社会性!  

 

 この 意味や意義を 朝まで語りあってことが何度もあります…

 

 そんな「堅苦しい」イメージが、ボランティアを敬遠する人達を造っていたように思います

 

 

 阪神淡路大震災を「ボランティア元年」と言われるようになり・・・

 

 

 災害時のボランティア活動に参加する人達が増えてきました。

 

 

 

 その昔・・・

 

 

 子どもを預かるボランティア活動で、子どもの死傷事故があり…

 

 保護者がボランティアさんを「訴える」という事があり…

 

 精神的な支えにはならないけれど、金銭的な補償だけは… と

 

 

 そのことをきっかけに制定されたのが 「ボランティア保険」 です

 

    ※加入・支払いには一定の「きまり」がありますのでご注意ください

 

   ボランティア保険の内容 ↓

 

      https://www.fukushihoken.co.jp/pamphlet/volunteer.htm

 

 申込は 各区にある「社会福祉協議会」が窓口です

 

 現在、社会福祉協議会さんでは「災害ボランティアの募集の準備」を始められています

 

 

 

 災害復旧ボランティアに参加したい!   そう 思われている方は

 

 社会福祉協議会の窓口を通して、このボランティア保険に加入して、行動されることをお勧めします

 

 広島市社会福祉協議会(ボランティア募集)の サイト ↓

 

         http://shakyo-hiroshima.jp/n_detail.php?id=1048

 

      こちらのボランティアセンターでボランティア保険に加入できます(今回は無料とのことです)

 

ページの先頭へ

グラスを洗浄する・・・  NEWマシンを導入しました

 

 今朝は 土砂災害のニュースを聞きながら グラス洗浄です…

 自然の恩恵と脅威、表裏一体なのだと感じます

 Beerは、まさに自然の恩恵ですね…

 

 

 先月、毎日数時間使用している グラス洗浄マシンが故障し…

 

 急遽、手洗いに変更し…ちょっと大変でした

 

 業者の方が、迅速に対応してくださり、

 

 修理中は貸出用で洗浄することができました…

 

 今後も、そのようなことが起きると思うで

 

 ネットで、旧型が安く出ていたので・・・・おもわず購入しました ^^;

 

 

 今朝は、試運転をかねてグラス洗浄

 

 

 10251883_701906449902052_6621147011719494370_n.jpg 10178103_658146944278003_4149698881278287274_n.jpg

 

 

 多くの ビアホールで 洗浄に使われているのが

 

 こちらのタイプ…

 

 1000004068_1000004742_1.jpg  pz-1_02.jpg

 

 

  で 洗浄するタイプ

 

 

 ビールスタンド重富で 使用しているスポンジは

 

 

  で 洗浄するタイプ

 

 

 

 で かき取る  で こすり取る

 

 

 OPEN当時は 点で かき取る 方式を採用していましたが・・・

 

 あまりにも 腕の痛みが…

 

 

 おおちゃくな感じですが 電動式の 面タイプに…

 

 

 電動式の 点 タイプもあるので・・・

 

 

 3730710_1.jpg

 

 

 点と 面で 洗浄する…

 

 

 もうすこし 情報収集して 考えてみます

 

 

 

 

 

 

 

  ブログ用バナー-01.jpg

 

 

 

 

 

ページの先頭へ