1. HOME
  2. 旨い生ビールで「広島」の経済を復活させると信じて行動する酒屋の社長の徒然日記
  3. 2009年4月

2009年4月(10)


自転車通勤の風景 工兵橋 & 安田学園 緑のトンネル

 

 

久々に自転車通勤です 朝7時前の空気はちょっと冷たいですけど とても気持ちいいです。

 

いつもの工兵橋を見て 大好きな、安田学園裏の(自称)緑のトンネルを通って通勤します。

 

 

 

 

この緑のトンネルを通るのがとても大好きなんです。 何故なんだろう・・・と思いながら自転車をこいでいると。

 

わかりました 

 

僕が小学一年生の一年間、この近所に住んでたんです。 蝉をとったり、公園で遊んだり、おやじやお袋と遊んだ場所だった。

 

だから、この緑のトンネルが大好きなんですね もしかしたら、おやじの肩車で歩いたことがあるのかもしれないな

ページの先頭へ

広島市電子メディア協議会 発足!

 

 

昨日、広島市教育委員会・広島市PTA協議会・広島市電子メディアインストラクターが主体となり

 

 「広島市電子メディア協議会」を発足しました

 

会長は、前市PTA会長のオサキさんです。

 

具体的な動きとしては 「ケイタイ出前講座」を中心に、情報収集、ネットパトロール・・・他

 

目的は、子どもたちが電子メディアと上手に付き合える環境をつくり、指導・助言・見守りをしていくことです。

 

メディアリテラシーも大切ですが、これからは サイバーリテラシーの意味合いが重要かもしれません。

 

広島の子ども達が、日本一 電子メディアと上手に付き合える! そんな街を作ります。

 

ご期待ください!

ページの先頭へ

HIRO メダル

 

 

 

僕のベットサイドには メダルが ぶら下がっています。

 

   HERO メダル!

 

HIROだけが手にすることができるメダルです。 手に入れたのは、僕ではなく、子どもです。

 

東京ディズニーランドのシンデレラ城のミステリーツアー

 

このメダルを手にするには、2つの関門があります。 1つは、勇者を輩出するグループに入ること (確率 50%) 次ぎは、勇者を選ぶときに「大きな声で返事して、手を上げる」 これで、選ばれるかどうかは 「運」です。

 

子どもには、勇者メダルの話はしていましたが・・・

 

 

最初の関門は、見事クリアーしました。

 

そして次ぎです・・・

 

「勇者を選びたいと思います」 の 声とともに 前に並んでいた、男の子2人が、大きな声で「はいっ!」と・・・

 

すると・・・・ 後ろにいた子どもが、その男の子達を上回る元気な声で「はいっ」

 

見事、勇者に選ばれました。

 

ツアーの最後に、このメダルの授与式で 笑顔と自信たっぷりの子どもの顔がありました。

 

このメダルに今気がついたのは「意味があるな」と感じます。 俺も HEROに ならなければ!

 

メダルを眺めていると、愛犬が・・・ ありがとね!

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

町内 大運動会

 

 

昨日の日曜日は、町内会の大運動会でした。 日頃、地域のお手伝いが出来ていないので 汚名挽回? と 朝から参加してきました。

 

開会式では、子どもの吹奏楽部が「ファンファーレ」を生演奏

 

 

 

終了後、吹奏楽部部員の紹介が1人1人あったのですが

 

○○君 ○○さん ○○君 と 紹介され わが子の時には ○○様  と 紹介されました。

 

回りにいた人が、一斉に私をにらみました ^^ なんで、わが子だけ「様」なの~ 司会者さん 

 

 

競技は、おむすびころりん、風船割りと出場しました。 途中は、デジカメで撮影班を買って出ていました。

 

 

 

終盤に近づき・・・・恐れていたことが・・・・

 

男子選抜町内対抗リレーに出てほしいと・・・・

 

 ↑  これだけは避けたかったのです。  過去に数回出場していますが、死にそうになるのです  (日頃の運動不足が・・・)

 

我が町内だけ棄権するわけにもいかず 頼まれたお母さん方の笑顔にも負けて

 

 「はい! わかりました」   と 出場してきました。

 

小学校のグランド1周なのですが、半周までは、なんとか走りましたけど、残りの半周は、大事でした。 後ろに20代のお父さんが追い抜こうとしているし・・・・そこだけは死守しましたけど 

 

なんとか、順位を保って、次にバトンを渡しました。

 

でも・・・終了後1時間以上、息が落ち着きませんでした 

 

 

 

ページの先頭へ

おかあさん ありがとう

 

 

広島市PTA協議会の活動に「母親委員会」があります。 母親委員会では、毎年1年間の活動を「報告集」としてまとめています。 その報告集に会長としての原稿を依頼されて・・・締切を10日過ぎています 提出が遅れて、委員長はじめ委員会の皆さんにご迷惑をおかけしました。 申し訳ございません。 

 

原稿は、こんな書き出しで始まっています・・・・・

 

おかあさん ありがとう! この子が生まれたときの事を覚えていますか・・・・

 

つづきは、報告書で・・・・

 

時期を見て、ここでも発表?(そんな大げさなものではありませんが) しますね

 

ページの先頭へ

青少年と 麻薬・覚せい剤

 

 

先日の中学二年生の逮捕は衝撃的でしたし それ以上に、この広島でも子どもたちの手の届くところに「薬物」が存在しているという事実です。

 

親として、子どもたちに対して・・・・

 

(1)薬物を遠ざける (2)薬物に近づかせない (3)薬物の危険性を教える (4)ストレス解消を薬物に逃げない (5)ストレスををスポーツなどの健全な方法で解消する (6)健全な方法で解消できないほどのストレスを与える環境をつくらない

 

書き出したら きりがないですね 市の教育委員会のサイトからから ↓

 

 

 

薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

 

薬物乱用とは

 

遊びや快感を求めるために違法薬物を使用することです。たとえ、1回使用しただけでも乱用にあたります。

 

<違法薬物の種類>

 

○覚せい剤   (別名)エス、スピード、アイス、シャブ ○大麻      (別名)ハッパ、マリファナ、グラス、チョコ、クサ、ジョイント ○コカイン    (別名)コーク、スノウ、クラック ○MDMA    (別名)エクスタシー、バツ(「×」、「罰」)  (錠剤型合成麻薬) ○シンナー    (別名)アンパン 

 

 

なぜ乱用がいけないのか

 

1.脳をおかされて、心も身体もメチャクチャになる   幻覚・妄想、記憶力の低下   歯がぼろぼろになる。心臓、肝臓、腎臓などの機能不全    ガンの誘発

 

2.自分の意思では止められない   薬物乱用のもっとも恐ろしい特徴は、薬物の「依存性」と「耐性」   「依存性」 ⇒ 何度でも繰り返して使用したくなること   「耐性」  ⇒ 使用を繰り返しているうちに、それまでの量では効果が薄れていく

 

 

  一回だけと思って始めた人も、薬物の「依存性」と「耐性」によって使用する回数がどんどん増えていき、どうしようもない悪循環に陥り、最後には自分の意思では止められなくなります。

 

そして・・・   ○薬物乱用により、幻覚・妄想が現れ、殺人などの重大犯罪を引き起こす   ○薬物を入手する金欲しさに恐喝事件や窃盗事件を起こすようになる   ○密売や乱用の勧誘 など、犯罪を引き起こすようになります。

 

3.法律で厳しく禁止されていて、重い罰を受ける   例えば、もし、覚せい剤を売ったり、買ったり、使用した場合10年以下の懲役に処せられます

 

4.友達や家族を失う   人間関係の破壊により、友人、家族から孤立する   社会生活ができなくなる  

 

  これらのことは、全ての薬物乱用者に共通していることで、例えば「漢字が書けなくなる」など日常生活に支障をきたすことがあります。

 

薬物乱用を防止するためには!!

 

○薬物乱用の危険性は身近にあり、自分には関係ないと思わないこと。 ○やせられる、頭がすっきりするなどと誘われても「ダメ。ゼッタイ。」と断る勇気をもつこと。そして、断ること。 ○薬物のことに限らず、一人で悩まないで友人や家族に何でも相談すること。

 

「ダメ。ゼッタイ。」の サイト 

 

クイズなどいろんな情報が満載です

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

「夢倍速実現」コスモマップ

 

 

広島で私のことを Papaと呼ぶ○○ちゃんの紹介で 参加してきました。「コスモマップ」 講師は○○ちゃん本人ですが・・・

 

コスモマップ このマップは、5要素×5項目=計25マスの穴埋めによって、目標や希望を現実化していくツールです。 マップを書くことによって、あなたの目標や希望が、思っている以上の速さで実現するのです。 そのスピードは、書いた達成期限の2倍、3倍以上!

 

半信半疑で参加したのですが・・・ 軽快な進行もあるのでしょうが、気持ちよくマップを書くことができ そのマップを書く過程で、自分の課題や問題点が見えてきて それを、どう克服する活動や人脈を・・・などど書いていると

 

夢が実現する「過程」が見えたような気がしています。

 

自分の「夢」が叶ったところを想像したとき 思わず「涙」があふれて止まりませんでした・・・・

 

この「夢」は 叶えたいと 心に誓いました。

ページの先頭へ

未成年者飲酒防止キャンペーン!

 

 

4月は「未成年者飲酒防止月間」です。

 

今朝は、朝7時から広島駅で街頭キャンペーンを行ってきました。 (マイク持ってるのが kan です)

 

未成年者が酒を飲んではいけませんが 大人でも飲み方を間違えると、大変です。 昨年は、大学生の一気飲みが要因で5名もの大切な命が亡くなっています。酒は、飲み方で 薬にも毒にもなります。

 

毎晩飲んでいる私が言っても説得力がないですかね

 

 

 

 

 

 

私が以前書いたブログより ↓ 

 

冷蔵庫に、子ども用にビールが冷やしてある。 ビールが冷えていないと、子どもの機嫌が悪い。

 

そんな事例を耳にすることがあります・・・・

 

なぜ、子どもはお酒を飲んではいけないのでしょうか?

 

     その理由をご存知ですか?

 

 

昨今の規制緩和で、お酒が様々な場所で購入できるようになりました。未成年者が購入してしまうケースも多いようです。  法律でお酒は20歳から~と決まっていますが「なぜ?」でしょうか。  それは、子どもの成長に大きく関わっているからです。 男性の場合、第2次成長に関わる物質と、アルコールの解毒に関わる物質が同一のようです。 つまり、体が成熟している時期に、酒を常飲すると・・・男性機能を充実(第二次成長)させるよりも、アルコールの解毒を優先してしまうのです。 不妊症の男性の原因である「精子の数が少ない」等の原因になる可能性が大きいとの指摘があります。 また、人間の脳は、ほぼ20歳まで成長を続け、あとは徐々に衰えていきます。 若い頃に酒を常飲すると、脳の発達がストップしてしまいます。またアルコール性認知症になりやすいという報告もあります。 女性の場合は、生理不順の原因の1つにあげられています。

 

つまり、法律で決まっているから「飲んではいけない」という理解ではなく

 

 「子どもの体に有害だから飲んではいけない!」

 

の認識をもってください。 将来、お孫さんの顔を見たい。この手で抱きたい。と思う方は、お子さんに「酒の常飲」をさせてはいけません。  もう手遅れ?と思われる方があるかもしれませんが、子どもの成長能力は大変素晴らしいものがあり、もとに戻る可能性も大だそうです。 今からでも遅くはありません。 今日から飲酒を止めさせましょう~

ページの先頭へ

広島青年会議所「例会」

 

 

何年ぶりの例会出席だろうか・・・・ それも正副会の席に同席させていただきました(僭越じゃ^^)

 

今回は広島JC・OBの立場と、PTA会長の両方での参加です

 

今日はきらめくこどもの未来委員会の担当例会で 委員長以下、委員会メンバーの「思い」を聞きに言ってきました。

 

「青少年育成についての研究・発表  ~きらめくこどもの未来への提言~」

 

最初は、現状分析。  短い時間にまとめてあったとはいえ、私が感じている 「子どもを取り巻く環境と問題点」を的確に指摘していました (さすがJC)

 

 

 

その後提言、各家庭での取組みが発表されました。

 

まとめとして 委員長が

 

「父親として、家庭や地域に戻り、団欒や地域活動を通して  子育てを見つめなおしましょう」と・・・

 

今年広島市PTA協議会の目指す部分と「思い」は同じでした。

 

広島青年会議所の皆さん。 広島に住む同じ「親」として 子どもたちの子育て環境を、一緒に見直し、改善し 「笑顔」でいっぱいの 広島市にしていきましょう 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

わが子の偏差値を90にするPTA活動

 

 

現在執筆中です

 

明日提出の原稿がなんと 2つ あります

 

1つは 広島市の小中学生全員に配る「食育のすすめ」 1つは 広島市母親委員会の「報告集」

 

徹夜になるかも(苦笑)

 

「食育のすすめ」に書くエッセイの題名が

 

  わが子の偏差値を90にするPTA活動         &   わが子をJリーガーに育てるPTA活動

 

PTA活動で なんで 偏差値やJリーグ と思われるでしょう

 

5月には、お子さんが持って帰ってきますので楽しみにしてください PTA会員でない方には、ブログ等で公開しますね 

 

ってことで、朝から執筆活動すればよいのですが リフレッシュの意味でスーパー銭湯に 

 

実は執筆活動の資料にPTA中国ブロック研究大会の記録集が重要です。 この研究大会の講演が「デューク更家」氏でした。 ステージ上で実際に参加して立つ・歩くコーナーがあり 恥ずかしげもなく「チャンス!」と参加した記憶を思い出して・・・

 

 

 

 

 

 

 

スーパー銭湯にある、トルネード風呂(お湯が回っているやつ) にデューク更家氏の、手を上にあげて左右に腰を振りながら歩く方法で 10分間歩きました。 周りからみたら 変なおじさん にみえたでしょうけど・・・・ いい運動になり 気持ちよかったです。

 

風呂上りに、フルーツ牛乳がなかったのでヨーグルト系を 手を腰にあてて「ごくり」・・・

 

 

 

リフレッシュしたので、これから執筆活動に入ります  ご期待ください!!

 

ページの先頭へ