1. HOME
  2. 旨い生ビールで「広島」の経済を復活させると信じて行動する酒屋の社長の徒然日記
  3. 2010年8月

2010年8月(38)


夏野菜のかき揚げ

 

今日のお昼ご飯です。

 

ゴーヤの苦みが…

 

夏バテの体と気持ちを

 

シャンとしてくれます(笑)

 

ページの先頭へ

風が涼しくなりましたね

 

 

今日良い1日でしたか?

 

来週も良い週になりますよ!

 

今日も仕事のスタッフの皆んな…ありがとう。

 

日曜日、お仕事の皆さん。お疲れさまです。頑張ってください。

 

ページの先頭へ

24時間テレビが 原点だった・・・・

今年も24時間テレビが始まりました。 33回目だそうです。

 

 

 

webサイトから、過去の歴史を覗いてみました。

 

第一回 1978年8月26・27日

 

    寝たきり老人にお風呂を!     身障者にリフト付きバスと車椅子を!

 

    総合司会

 

    萩本欽一 大竹しのぶ     大橋巨泉 竹下景子

 

    チャリティパーソナリティ

 

    ピンクレディー

 

僕がたぶん中学校3年生だったと思います。

 

自営業の家庭で育った自分ですが・・・その当時「家業を継ぐ」という

 

選択肢は・・・微塵もなかったと思います。でも、将来への「夢」もなかった

 

その時テレビの画面から飛び込んできた映像が、第一回目の24時間TV

 

その時に感じた衝撃と言っていいのか、もどかしさ、恥ずかしさ・・・

 

なんか色々な感情が湧きあがってきた瞬間でもありました。

 

「僕が居る場所は・・・ここ」

 

そう感じてしまいました。

 

高校に進学して、将来(進路)は、大学の教育学部!

 

養護学校教員になることを夢みました。

 

その時に読んだ「よしおかたすく」さんの著書の中に

 

障害児教育とは「その子の一番よいところを伸ばす教育」これが16歳の少年の「夢」となりました。

 

高校三年生。共通一次試験で総合点がよくなく、国公立の教育学部はあきらめ、私学の教育系を受験しました。 北は宮城県まで受験に・・・

 

初の1人遠出旅が「大学受験」でした。

 

それでも、子ども達が僕を待っている!という思いで寂しくはなかった。(今思えば、妄想ですけどね・・・その当時は夢と希望に)

 

3校受験し、全て「不合格!」

 

・・・教育には向いていないのか・・・ 自暴自棄になり

 

予備校にも通わず、毎日パチンコ屋さんに通っていました。

 

ある日、教員をあきらめて、家業を継ごうと決意しました。

 

プロとしてではなく、ボランティアとして子ども達と関わる道を選択。

 

翌年、長崎県立大学に入学し、迷わず「ボランティア部」に入部

 

4年間・・・施設訪問、子ども会、障害者団体との交流会

 

「水を得た魚」そんな表現がピッタリあうような・・・そんな4年間でした。

 

卒業する時に、ある障害児の保護者から・・・

 

「そんなに活動が出来るのは、あなたが学生だからよ」の一言

 

東京に就職し、担当地区だった目黒区の区役所に出向き

 

仕事をしながらでも出来る活動を探しました。

 

そこで出会ったのが「目黒区、障害児者の生活を向上させる会」

 

ここでの、さまざまな活動と経験は、ボランティア活動というよりは

 

地域で一緒に「生活する」というのがテーマでした。

 

5年間の東京生活を終え、地元(広島)に帰り、実家に就職。

 

広島市ボランティア情報センターの扉をたたき、資料収集。

 

自分の思うような活動がなく・・・

 

東京で始めた、パソコン通信を生かして

 

「きのこ通信倶楽部」という、ネットでの障害者との交流スペースを運営し始めました。

 

そこでさまざまな方と出会い、広島市ボランティア情報センターの運営にも関わらせていただきました。

 

そこで取り組んだ活動が・・・

 

3回開催されました「広島市ボランティアフェスティバル」 1回2回は、ハノーバー庭園で、3回目は、クレドホールとクレド広場。

 

子育てが始まり・・・子どもが小学3年生になったときに

 

小学校のPTA会長に・・・区の役員、市の役員・・・そして

 

最終的には、広島市の会長を担わせていただきました。

 

今年の24時間テレビをみながら・・・気持ちは16歳に戻っていました。

 

スタートは、このテレビだったんだなって・・・・

 

ページの先頭へ

不動院から

 

 

おはようございます。

 

皆さんに良いことがたくさんありますように。

 

お祈りしてきました。

 

 

《不動院の境内より》

 

ページの先頭へ

平々凡々 不景気不景気言い過ぎて~♪ by のら犬

昨晩 CDをゲットしてきました。

 

 

 

 

「平々凡々」を 初めて 【生】で 聴いたときの衝撃が

 

    忘れられません・・・

 

これを、いつか とうかさんの盆踊りで踊りたいな~と

 

 

 

っさ! 今日も笑顔で仕事します

ページの先頭へ

LIVE《19》JUKE  秋オープンのライブハウス

先日から打ち合わせをしていますライブハウス。

 

今朝の中国新聞に、新田オーナーの写真と一緒に

 

大きく掲載されていました。

 

オーナーは「コーラスピープル」という市民劇団の学長さんです。

 

中国新聞の 記事 ↓

 

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008270026.html

 

 

実は、私も過去に3公演ほどミュージカルの舞台に立たせていただきました。

 

(1)ピノキオのゼペットじいさん役 (2)白雪姫の狼役 (3)くるみ割り人形の魔法使い役

 

その舞台のDVDを観るたびに・・・

 

「下手くそ・・・」と恥ずかしくなります。

 

でも、厚生年金ホールでのソロは気持ちよかったですね[m:242]

 

 

ライブハウスは 10月にオープン予定です。

 

地上19階にある、広島で一番見晴らしのよいライブハウスです。

 

 

ページの先頭へ

8月27日の記事

 

 

 

おはようございます。

 

今朝の朝読書も…

 

《繁盛店主の7つの教え》 富田英太氏著

 

ページの先頭へ

朝読書《繁盛店主の7つの教え》を読んで感じたこと

今朝は5時30分に起床・・・

 

目覚ましではなく、メールの着信音で目が覚めましたが

 

窓の外は、少し白々としていましたね・・・

 

妻は、もう愛犬の散歩に出かけていました(早^^;)

 

さて、今朝も 富田英太氏の著書「繁盛店主の7つの教え」の続きを読みました。

 

 

 

 

 

読み感じたことで「ToDo」的なことを、手帳に書き込みながら読み進めています。

 

 

 

一番強く感じたことは・・・・

 

会社というのは、大型バスと同じ。

 

バスの運転手が「社長」、バスに乗っているのがスタッフ。

 

そのバスが「どこに向かって進み、到着した場所でなにをするのか」が重要。

 

 

例えば、甲子園で高校野球を応援するためが目的だとすると・・・

 

出発時間や持って行くもの、現地での席の確保や、昼飯、飲み物の準備、帰宅時間の予想・・・・

 

目的が明確であれば、その目的をよりよく達成するために

 

それぞれのスタッフが、各自の行動を考え、実行することが出来る。 と・・・・

 

  □応援グッズを持っていく     ■現地の友人に連絡して一緒に応援する

 

  □夜の宴会する場所の情報を事前に収集し予約しておく

 

 

など、いろんなアイデアや提案が自然と出てきます。

 

 

現状の弊社はどうだろう・・・と考えたとき

 

バスの出発時間には、スタッフ全員揃ってます(始業時間)

 

でも、バスが何処に、なにをしに、いつ帰ってくるのか 的なことは 無いに等しいかもです

 

それは、言葉を帰るとスタッフを「拉致」して、バスを走らせているようなものです。

 

走りながら、思いついた場所に停車して、また走り始める。

 

そんなバスの運転手でした。

 

その前に、大型バスの免許を持っているのか? バスの大きさは適当なのか? ガソリンは?

 

 

 

モーニングコーヒーが、一段と 苦く 感じた 朝読書でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

ライブハウスの打ち合わせ

 

 

今日も、秋にオープンのライブハウスの打ち合わせ。

 

ライブのスケジュールを聞くと、シャンソン・Jazz・フォーク…かなり有名なミュージシャンの方が連日演奏されるようです。

 

オープンが楽しみです。

 

【お酒の事は…お任せください!】

 

ページの先頭へ

朝読書 《繁盛店主の7つの教え》 富田英太氏著

 

 

 

おはようございます。

 

今朝の朝読書は…

 

《繁盛店主の7つの教え》 富田英太氏著

ページの先頭へ