1. HOME
  2. 旨い生ビールで「広島」の経済を復活させると信じて行動する酒屋の社長の徒然日記
  3. 2008年12月

2008年12月(23)


最後の夕日

 

 

今年最後の犬の散歩から帰ってきました。 もちろん不動院にもよって、今年一年の感謝をしてきました。

 

ふと振り向くと・・・アストラムラインの向こうに、大きな大きな今年最後の夕日が沈むところでした。 次に見る太陽は来年の太陽ですね。 また来年会いましょう。 そんな気持ちでシャッターを押しました。

 

今日から3日までがお休みです。 本を2冊買ってきました。  茂木健一郎さんの「脳にいいことだけをやりなさい」 と  勝間和代さんの「起きていることはすべて正しい」 です。 本屋さんのベスト10にある 2冊を買ってきました。 お正月休みで読もうと思います(が・・・)

 

それと、今年一年を振り返って、来年一年を考える時間を作ってみようと思います。

 

今年出会った多くの皆さん、そして子どもたち。 ありがとうございました。 また来年もよろしくお願いいたします。

 

どうぞ! 良いお年をお迎えください。

 

庭に咲いていた「わびすけ」(椿)です ↓

 

 

 

ページの先頭へ

お正月の準備

 

 

も~いくつ寝ると・・・  なんて歌っていた日を思い出します。 僕が子どもの頃のお正月は、実家(今の我が家ですが)に親戚一同があつまって(30人?) 新年の挨拶や、食事や、ゲーム大会など・・・ とても楽しかった思い出がありますが 最近は、静か~なお正月です。

 

以前にも、初詣は「不動院」で厳かに・・ と書きましたが 昨日の夕方、散歩(犬と)で行った不動院も 門松が飾ってありお正月の準備ができていました。 お寺に門松? とも 思ったのですが・・・・

 

夕日を浴びて、不動院がとても荘厳に見えました。 屋根を組んでいる、木々をじっとみていると・・・ とても穏やかな気分になれました。

 

 

 

実は、この不動院の境内は、近所の小さな子ども達の遊び場になっています。 お母さん方の「井戸端会議」の場所にもなっていますが・・・ さすがに、12月の夕方は寒いので、誰も居ませんでしたけどね・・・・

 

 

 

弊社は、今日も明日も営業です。 明日の夜は、恐怖?の 棚卸しです・・・ 

 

皆さんも風邪などひかないように年末を過ごしましょう~

 

 

ページの先頭へ

ストレス伝染!防止

 

 

昨日のニュースで <公立校教員>過去最多4995人うつ病などで休職 

 

同様に、一般経済も、非正規社員、期間労働者の解雇問題でゆれに揺れています。

 

PTAで数年間活動させていただきました。 そこでの法則ではありませんが 親子はつながっていると感じます。 母親のお腹の中でへその緒でつながって、母親の気分が子どもに伝わるように

 

親がゆったりとした気分で笑顔であれば、子どもも笑顔ですし、問題や課題があっても「解決に向かって進んでいく」気分になります。 しかし、親が沈んで、暗い顔だと・・・ 家の中も暗くなり、子どもにもそれは「伝染」します。

 

新型インフルエンザの予防も大切ですが・・・ 今の経済状況の劇的な変化の中での親のストレスを「子どもに伝染」させてはいけないと感じます。

 

もちろん、空元気で「嘘」を演じろと言う訳ではありません。 親だって人間ですから、大変でシンドイときはあります。 それを、家族にちょっと支えてもらって、なんとか頑張って欲しいと願います。

 

今の時代の「PTA活動」は 「ホッとしたり」「温かい気分になれたり・・・」「PTAやってて良かったよね」 そんな場所になれたらいいなと切に思います。

 

 PTA「ほっとステーション」

 

      そうなったら いいな~   そうしたいな~

ページの先頭へ

火事と携帯電話

 

 

火事のニュースが2つありました。  1つは、ご近所の老人を助けたという高校生。 そしてもう1つは「携帯電話」を取りに戻って焼死してしまった高校生。

 

老人を助けた高校生のコメントです。 「子どものころから近所の人によくしてもらったので、いつか恩返しをしたいと思っていました。救助のあと足が震えたけど、また同じようなことがあっても同じ行動をすると思います」 と  心から拍手をおくりたいと思います。 でも3人とも無事でよかったです。

 

そして、携帯を取りに戻り亡くなってしまった高校生には、心よりお悔やみを申し上げます。 「どうして携帯を・・・」と残念でしかたがありません。 多くの人がそう思われたでしょう。

 

この2つの事故。 人を助けた高校生は美談で英雄になりますが、携帯を取りにいった高校生は・・・・

 

でも、後先を考えず「行動せざるをえなかった」彼らの心境は・・・ 同じだったのではないでしょうか?

 

「お世話になったおじいちゃん・おばあちゃんを助けたい」 「携帯を失いたくない」

 

携帯電話は機械ですし、買い換えれば新しいものが手に入ります。 それでも、失いたくなかった彼の「気持ち」

 

携帯電話でつながっている、人、友人、メル友・・・ 彼の携帯を通じての世界(彼の居場所)

 

自分の命と比べても・・・「火事で失いたくなかった」 のではないでしょうか?

 

この2つの事故から、人と人との関係。 そして、子どもと携帯電話との関係を もっともっと・・・見つめなおす必要があると感じています。

 

 

 

ページの先頭へ

40年の歴史・・・

 

 

12月の昼食は・・バタバタなので食べないことも多いのですが、昨日は会社にあったカップ麺をいただきました。 箸が見当たらないので、湯沸し室にあったフォークを持ってきて食べました。 いつも何気なく使っているこのフォーク(鉄腕アトム)。 いつからあるんだろう~と考えてみると・・・ たぶん幼稚園(聖母)のときの、お弁当に使っていた記憶がよみがえってきました。 そのころはアトムにも色が付いていたと思います・・・ あれから40年も 使い続けているのですね・・・ 幼稚園のとき、ゆり組の担任のマエモト先生・・・ 子ども心に好きだったんですよね(苦笑)  バラ組の先生は怖かった記憶が・・・

ページの先頭へ

クリスマスの思い出

 

 

並木通りは、毎年イルミネーションできれいですね。 確か9年くらい前だったと思うのですが、市民でクリスマスリースを造って、並木通りの木に飾り付けるというイベントが開催されました。 妻が申し込んでいて、たまたま私も仕事がなかったので、当時幼稚園だった子どもと3人で、でっかい(直径150cm)クリスマスリースの飾りつけで楽しく過ごしました。 

 

飾りつけも終わり・・・並木通りのどの木に飾るかの抽選がありました。 妻が抽選に行き・・・なんと「1番」を引き当ててきました。 1番の木は、丁度マリオさんのケーキ屋さんのある前にある「木」でした。  後日業者の方が飾りつけをして、点灯する日に、みんなで見に行こうね! と話していたところ、係りの方が来られて・・・・

 

「1番を引かれた方には、点灯式当日、テレビの取材をお願いできますか?」とのこと・・・・

 

ちょっと(かなり)恥ずかしかったのですが・・・記念になるかなと思いお引き受けしました。

 

当日は3人で造ったクリスマスリースの前でのインタビューでした。 アナウンサーの方の質問で、子どもに「サンタさんになにをお願いしましたか?」と・・・ 子どもは・・・『とっとこハム太郎のぬいぐるみ』と元気に答えました。 (アナウンサーさんは、とっことハム太郎を放映している局ではなかったので、ちょっと焦ったようですが・・・) 「そっか、サンタさんのプレゼントが届くと良いね~」と・・・・

 

そして、私にも質問がきました。   たぶん こう答えたと・・・

 

  サンタクロースは、2度来るんですね   一度目は、僕が子どもの頃にやってきました   そして今、自分の子どもにやってくるサンタクロースも   僕へのサンタクロースなんだと思います・・・・

 

今思うと、とても恥ずかしいことを平気でテレビの生放送でしゃべっていましたね・・・(笑)

 

 

ページの先頭へ

バス通勤

 

 

今日はクリスマスイブですね。 わが子はまだ信じています (たぶん) さて、いつも通勤しているバス 6:59発に 乗車して・・・

 

   あれ! 今日 休みだっけ?  時間 間違えた・・・?

 

いつもは、座る席などないくらい お客さんがいっぱいなのですが 今日は、ガラガラで、後ろの席には 誰も座っていません。

 

とあわてて時計をみましたが、いつもどおりの時間と水曜日。 きょとんとしていると、いつもとは違って 静か~な車内。

 

    そっか  冬休みじゃ~   と 気付きました。

 

PTA会長失格ですね(苦笑)

 

これから、当分は、静かなバスで、ゆっくりと座って通勤できます。

 

でも、バスの中で 騒いでる子ども達をみかけたら 「静かにしようね!」って 声かけないといけないですよね・・・・再び反省

ページの先頭へ

七度探して人を疑え・・・

ちょっと日記をサボっておりました。 さすがに12月なので師走な感じです。 PTA的にも「電子メディア」「子どもの権利条例」と盛りだくさんです。

 

さて・・広島の経済状況は良くないですね・・・・ 酒屋と居酒屋を営んでいますと、状況がダイレクトに伝わってきます。

 

そんなときに限って、トラブルや問題が山のように押し寄せてきます。 (あとで思えば、自分で引き込んでいるのでしょうけど・・・)

 

そんなある日、今いる書類が見つかりません。 「誰かがどこかにやったな!」     

 

   「おい! どこにやった!」  と  怒鳴ろうと思ったのですが 誰も居ない

 

イライラしながら、探すこと数分間!   ありました

 

   「自分のノートの中から・・・・」  もう少しで 濡れ衣事件がおきるところでした。

 

そんな「はっ!」とするような出来事が何度もあります。  「心のウォーミングアップ」の話は、どこに忘れてしまったのでよう~

 

亡くなった母がよく言っていました「七度探して人を疑え」と・・・  反省です。

 

 

 

 

先日、自転車のハンドルにテントウムシが居ました。 少しの間行動をともにして、近所の公園で別れました。 今度は、暖かい頃に出て来いよ~

 

ページの先頭へ

興動館プロジェクト

 

 

平成20年度 後期 興動館プロジェクト認定式・修了式 に 広島経済大学に行ってきました。 以前、「子どもを虐待から守ろう」のシンポジウムに興動館プロジェクトの西本君とパネラーで参加したのがきっかけです。 彼らのプロジェクトの報告会があるとのことで、出かけてきました。 

 

会場には、学生や教師、地域の方々など多くの方が集まっておられました。 そこで初めて「興動館プロジェクト」とはなんぞや?が理解できたように思います。

 

今時の学生は・・・と、よく耳にしますが・・・なんのなんの・・・元気のある気持ちもある学生達に沢山出会うことができました。 自分達で考えて動くことができる「場」(環境)を用意することも、大人の大事な役割だなと改めて感じました。

 

中高生の夢・笑顔実現!!プロジェクトの西本君の活動は・・・

 

不登校の中高生が学校に復帰できるよう、そのきっかけを提供することが目的です と

 

不登校を経験した彼は、親でも先生でも地域の人でもない・・年の近い大学生だから「関われること」があるはずだと様々な活動を実践しています。 その活動の中で・・・彼は不登校の子ども達に「成功」を体験することによって「自発的行動のきっかけづくりに」なればと・・・

 

会場には、祇園小のPTA会長さんも来られており少し話をしました。 祇園小には別のプロジェクト「子ども達を守ろうプロジェクト」が関わって、子ども達の安全や育ちを学校やPTA・地域の方々と一緒に行動されています。 会長も「助かってますよ~」と笑顔で話されていました。 学生におんぶに抱っこではなく、学生達に動かされるように、PTAも頑張っているようです。

 

 

 

助けてもらえる部分は、感謝して助けてもらって・・・ 親がしなければいけない部分を見つめなおす時期ではないかなと感じました。

 

ありがとう! 学生諸君! おやじ達も頑張るぞ~

 

 

ページの先頭へ

国宝で初詣

 

 

みなさんは「初詣」はどちらに出かけますか? 我が家は、町内にある「不動院」にでかけます。神社などのように、明るい雰囲気はありませんが、線香の香りと、蝋燭の明かり、そして静けさと寒さの中で、除夜の鐘が響く中。参拝します。 

 

大晦日は、国宝の本堂が開放され、中に入ってお参りすることができますし、重要文化財の「鐘楼」で除夜の鐘を撞くことができます。 近所の子ども達は、一番手になろうと、早い時間から並んでいるようです。

 

また子ども会の皆さんが、お神酒と甘酒を振舞ってくれます。  不動院のある我が町内は、年末年始の恒例行事になっています。

 

境内には、豊臣秀吉公の遺髪を収めた「墓」もあり、歴史と伝統を感じさせるお寺です。

 

 

 

昼間は、近所の子ども達の遊び場にもなっていおり、お母さん方の情報交換の場所にもなっています。

 

今年の初詣に「不動院」は いかがですか?

 

写真を見て・・・奈良のキャラクター「まんとくん」を思い出してしました・・・

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ